[ 交通事故|弁護士ほっとライン ]
慰謝料とは
交通事故慰謝料とは

慰謝料とは

慰謝料とは精神的な損害に対する賠償です。ケガをして入院または退院した場合、後遺障害が発生した場合、被害者が死亡した場合に認められます。

慰謝料の種類

たとえ同じような事故があっても、精神y的なショックの度合いは人それぞれ違うはずです。しかし被害者の心理状態を客観的に第三者が判断することは非常に難しいため、慰謝料には一定の基準が設けられ、定額化されています。

事故種類別の慰謝料

傷害慰謝料入院・通院の期間、ケガの状態により一定の基準額が決まっている。
後遺障害慰謝料傷害事故の慰謝料と同様、後遺症の慰謝料も後遺障害等級に応じてある程度定額化されている。
死亡慰謝料死亡した本人とその遺族に対して支払われる。請求する権利があるのは父母(義父母も)、配偶者、子(養子、認知した子、胎児も)。死亡した本人の一家内の立場により定額化されている。

入院または通院しても後遺障害が残った場合は、傷害慰謝料と後遺障害慰謝料を、ケガで入院し、後に死亡した場合は、傷害慰謝料に加え死亡慰謝料を請求することができる。

慰謝料が増額されるケース

加害者の過失の大きさや、事故後の態度の悪さが精神的苦痛を増大させたと判断される場合は、慰謝料を増額されることがあります。

ケース1加害者側の過失の大きさ
飲酒運転、スピード違反、居眠り運転、無免許運転、信号無視、わき見運転など
ケース2事故後の態度の悪さ
不自然・不合理な供述、不誠実な態度、証拠隠滅、救護義務違反、ひき逃げ、被害者に責任転嫁する言動など
ケース3ほかの損害項目に入らないものを慰謝料で賄おうとする場合
逸失利益に算定しにくい項目を、逸失利益でなく慰謝料でカバーする場合
ケース4被害者に特別な事情がある場合
妊婦が胎児を流産、または死産した事故が原因で、婚約破棄・離婚したなど

あなたに合った交通事故示談に強い弁護士が必ず見つかる

突然の交通事故。保険会社に任せてるけど一向に進展しない。ケガの後遺症も心配。相手の保険会社も一方的。
そんな時頼りになるのが交通事故慰謝料相談|弁護士ほっとライン!
事故に遭った時の対応から、示談交渉や慰謝料など賠償金の算定など、役に立つ情報満載な上、交通事故に強い優秀な弁護士を数多く紹介しています。

交通事故の慰謝料の相談デスカ?お任せください。

交通事故の慰謝料は弁護士に依頼して賠償金UP
・アナタの保険に弁護士特約はついていますか?
弁護士特約付きなら交通事故の弁護士費用は保険会社が負担してくれますよ。

交通事故で慰謝料・損害賠償・示談金【増額】カテゴリの最新記事

PAGE TOP