[ 交通事故|弁護士ほっとライン ]

高齢者実車試験とサポカー限定免許導入か

高齢者実車試験とサポカー限定免許導入か

相次ぐ高齢者ドライバーによる交通事故を減らすため、警察庁の有識者会議は、過去に一定の違反歴がある高齢者ドライバーに、新たに運転免許証を更新する際、「実車試験」を導入する方針であることを取りまとめた。

 

実車試験

高齢者ドライバーによる交通死亡事故を減らすため、警察庁が道路交通法の改正を検討しており、高齢者が運転免許証を更新する際に実車試験を導入するというものです。

現在、70歳以上の高齢者は、免許を更新する際、高齢者講習の受講が必要。さらに、75歳以上の人は高齢者講習の前に認知機能検査を受けなければならない。
そして今回、中間報告に盛り込まれたのが、運転技能検査。つまり実車試験。

実車試験は、75歳以上で過去に信号無視や大幅なスピード違反など、特定の違反歴がある人に絞り込む方向で検討されており、年齢は75歳以上か80歳以上が想定されている。試験自体は合格するまで繰り返し受けられるが、合格した上で、さらに認知機能検査などを実施し、これまでよりも更新の条件が厳しくなり運転に問題なしと判定されない限り運転免許を更新できないようにするというもの。

サポカー限定免許

一方、自動ブレーキや踏み間違い防止装置など、安全機能が搭載された自動車に限定して運転を認める『安全運転サポートカー限定』の運転免許も導入される見通しで、この限定免許を選択した場合、実車試験の一部を免除することも検討されているということです。

警察庁は道交法改正案を来年の通常国会に提出する方針で、早ければ2022年から導入される見通し。

 

 

あなたの地区にいる示談金交渉に強い弁護士

少しの不注意で交通事故に見舞われてしまった。何か腑に落ちない・・・!そんな時は弁護士に相談です!交通事故相談・慰謝料の相談・示談金の相談|弁護士ほっとラインでは全国各地にいる交通事故に強い弁護士を数多く紹介しています。弁護士に知り合いはいない、自宅の近くで交通事故に強い弁護士を探してるなど、交通事故に遭った際、あなたの味方になってくれる優秀な慰謝料交渉に強い弁護士をこちらから探してください!

交通事故の慰謝料の相談デスカ?お任せください。

交通事故の慰謝料は弁護士に依頼して賠償金UP
・アナタの保険に弁護士特約はついていますか?
弁護士特約付きなら交通事故の弁護士費用は保険会社が負担してくれますよ。

交通事情・道路交通法カテゴリの最新記事

PAGE TOP