管理者のみ見えるエリアここまで

道路交通法改正案を閣議決定

道路交通法改正案を閣議決定

あおり運転、違反歴高齢者に技能検定

政府は3日、今国会に提出する道交法改正案を閣議決定しました。

社会問題化するあおり運転を新たに規定した上で罰則を設けるほか、高齢運転者の事故対策として、75歳以上で一定の違反歴のある人には運転技能検査を義務付ける旨が規定されました。
この改正法が成立すれば、あおり運転に関しては公布から20日経過後、高齢運転者対策は2年以内にそれぞれ施行されます。

改正案では、処罰対象のあおり運転について、他の車両の通行を妨害する目的で

■車間距離を詰める

■急ブレーキをかける

■割り込む―などの一定の違反をする行為

と規定しています。

罰則は、下記表を参照してください。

あおり運転によって高速道路で相手の車を停止させたり、一般道でも物損事故を起こさせたりするなどの著しい危険を生じさせた場合は、より重い処罰と併せ、行政処分も厳しくなり免許証の取り消し対象と追加しました。

 

道路交通法改正案のポイント あおり運転
他の車両の通行を妨害する目的で、一定の違反をする行為 = あおり運転
  • 車間距離を詰める
  • 急ブレーキをかける
  • 割り込み など
懲役3年
罰金50万円以下
あおり運転によって著しい危険を生じさせた場合
  • 高速道路での停車
  • 一般道での物損事故 など
懲役5年
罰金100万円以下
免許取り消しの対象に追加
高齢運転者対策
75歳以上で一定の違反歴のある人は、運転免許更新時に運転技能検査を受験。 検査結果が一定の基準に達しない場合、自動車免許証を更新しない
申請があった場合、安全運転サポート車限定などの免許を与える。

 

出典:時事ドットコム

あなたの地区にいる示談金交渉に強い弁護士

少しの不注意で交通事故に見舞われてしまった。何か腑に落ちない・・・!そんな時は弁護士に相談です!交通事故相談・慰謝料の相談・示談金の相談|弁護士ほっとラインでは全国各地にいる交通事故に強い弁護士を数多く紹介しています。弁護士に知り合いはいない、自宅の近くで交通事故に強い弁護士を探してるなど、交通事故に遭った際、あなたの味方になってくれる優秀な慰謝料交渉に強い弁護士をこちらから探してください!

交通事故の慰謝料の相談デスカ?お任せください。

交通事故の慰謝料は弁護士に依頼して賠償金UP
・アナタの保険に弁護士特約はついていますか?
弁護士特約付きなら交通事故の弁護士費用は保険会社が負担してくれますよ。

交通事情・道路交通法カテゴリの最新記事

PAGE TOP