管理者のみ見えるエリアここまで

死亡事故の慰謝料

死亡事故の慰謝料
死亡事故の慰謝料資料

死亡事故の慰謝料は、傷害事故や後遺障害と同様に類型化されており、自賠責保険、任意保険会社、弁護士会ごとの基準がある。

自賠責保険基準

死亡事故の支払限度額は、逸失利益や慰謝料、葬儀関係費などすべて含めて3000万円、そのうちの慰謝料の支払基準額は下記の通り。

死亡者本人の慰謝料 350万円
遺族(義父母を含む被害者の父母、養子・認知した子並びに胎児を含む子および配偶者)の慰謝料 請求権者が1名の場合は550万円、2名の場合は650万円、3名以上の場合は750万円。被害者に被扶養者がいる場合は、この金額に200万円を加算する
任意保険基準

保険自由化前は各保険会社とも請求者人数に関係なく、以下の基準で運用されていたが、保険自由化以降は保険会社ごとに基準が存在し、その金額は公開されていない。しかし、以前の数値に準じてる保険会社では、自賠責保険基準よりも少し高い金額が採用されている。

一家の支柱であった場合 1450万円
高齢者(65歳以上で一家の支柱でない者) 1000万円
18歳未満(有識者を除く) 1200万円
上記以外(妻・独身男女) 1300万円
弁護士会基準

弁護士会の基準額は、3つの基準の中で最も高く、交渉する際の目標額となります。

一家の支柱の場合 2800万円
母親・配偶者の場合 2400万円
その他の場合 2000 〜 2200万円

 

 

慰謝料・示談交渉に強い交通事故の弁護士
【慰謝料・示談交渉に強い弁護士を探す】

交通事故の慰謝料の相談デスカ?お任せください。

交通事故の慰謝料は弁護士に依頼して賠償金UP
・アナタの保険に弁護士特約はついていますか?
弁護士特約付きなら交通事故の弁護士費用は保険会社が負担してくれますよ。

交通死亡事故カテゴリの最新記事

PAGE TOP