富本 洋正(とみもと ひろまさ)

交通事故で負った心や体の傷に見合う、納得のいく解決を

安佐合同法律事務所 | 富本 洋正(とみもと ひろまさ)

〒731-0103 広島県 広島市安佐南区緑井5-17-5-403 グランデュア緑井

受付時間: 8:00~22:00

安佐合同法律事務所

弁護士特約利用
後払い可能
土日対応
初回相談無料
成功報酬制
着手金無料
夜間対応
秘密厳守
その他
安佐合同法律事務所オフィス
事務所名 安佐合同法律事務所
電話番号 050-5385-2322
所在地 〒731-0103 広島県 広島市安佐南区緑井5-17-5-403 グランデュア緑井
担当弁護士名 富本 洋正(とみもと ひろまさ)
所属弁護士会
登録番号
広島弁護士会 No.46984
担当弁護士:安佐合同法律事務所

交通事故案件への経験豊富。親しみやすい弁護士です

広島弁護士会所属、弁護士・富本洋正は、交通事故案件への対応経験が豊富です。皆様の身近な相談相手を目指し、日々、尽力しております。

交通事故に強い弁護士です

弁護士・富本洋正は、交通事故案件に強い弁護士です。これまで数多くのご依頼に真摯に向き合う中で、経験とノウハウを積み重ねてまいりました。依頼者様の権利を最大限にお守りし、最善の解決策に導きます。交通事故は弁護士に依頼するメリットの大きな法律分野です。まずはお気軽にお問合せください。

広島を中心とする地域密着の弁護士です

広島市安佐南区にある「安佐合同法律事務所」に所属し、市内を中心として県内全域の皆様からご相談をお受けしております。事務所は、JR可部線緑井駅から徒歩5分とアクセスが良く、アストラムラインをお使いの方も大町駅で乗り換えて1駅です。駐車場もございます。

地域密着の弁護士として、広島の皆様のお力になれるよう尽力しております。ご依頼内容によっては、近隣県での対応やオンラインでの面談が可能な場合がありますので、まずはご連絡ください。

親しみやすい弁護士です

私が弁護士として最も大切にしているのは、依頼者様の声にしっかり耳を傾けることです。まずは不安なお気持ちに寄り添い、依頼者様と相談しながら、最良の解決策につながるお手伝いをいたします。

依頼者様からは、よく「話しやすくて助かった」、「すぐに話を聞いて、迅速に動いてくれた」、「丁寧に説明してもらって、納得できた」などの声をいただきます。親しみやすく相談しやすい弁護士を目指し、依頼者様に向き合うよう心掛けておりますので、どうぞ安心してご相談ください。

定休日 なし
相談料 相談無料
最寄駅 JR緑井駅
対応エリア 広島県
電話受付時間 8:00~22:00
着手金 原則無料
報酬金 事案によって異なりますので、まずお気軽にお問い合わせください。

※弁護士特約の利用も可能です。
安佐合同法律事務所に相談
       

【対応分野】安佐合同法律事務所

慰謝料請求
損害賠償請求
示談交渉
過失割合
物損事故
人身事故
死亡事故
後遺障害
調停・訴訟

交通事故を弁護士に依頼すると、賠償金額が上がる理由は?

交通事故案件は、弁護士が介入すると賠償金額が上がることが多く、依頼するメリットの大きな分野であると言えます。

保険会社の考え方とは?

保険会社は営利企業であり、無限に支払い原資があるわけではありません。できるだけ支払う賠償金を抑えたい、というのが本心です。

もし裁判になると、保険会社も弁護士に依頼し、その費用を負担しなければなりません。また、裁判所が下す支払い金額も、当初の金額より増額となるケースがほとんどです。

よって、保険会社としても、交渉においてある程度の金額で和解させたいという狙いが見えてきます。弁護士としてこのような背景を考慮しつつ、依頼者様の最大限のメリットとなるよう有利な決着を目指して、交渉を進めてまいります。

また、けがが治りきっていないにもかかわらず、治療を打ち切ろうとしてくる保険会社もいますが、通院や治療に関する交渉のすべてを弁護士に任せ、治療に集中していただきたいと思っています。

請求する際に使う基準が異なるために、示談金額に差が生じる

先ほど述べたように、裁判所が下す支払い金額が増額する、つまり弁護士が介入して裁判になった場合に賠償金が増額する理由をご説明いたします。

賠償金に差が生じる理由は、保険会社が基準とする「自賠責基準」や「任意保険基準」が、弁護士が請求の際に参照し、裁判所が下す基準となる「裁判所基準」より、ずっと低い金額で算定されているからです。

弁護士にご依頼くだされば、交渉の段階から、裁判基準の金額で請求します。交渉を続けても金額が上がらなければ、依頼者様と相談しながら、裁判を検討していきます。裁判には、メリット・デメリットがありますので、どのような解決が依頼者様の利益になるかを、しっかりご相談しながら進めてまいります。

そもそも、保険会社が提示している金額が、妥当かどうかの判断も難しいかと思います。サインや押印してしまう前に、ぜひ一度、弁護士にご相談ください。

後遺症が残ったら?

治療を続けてもこれ以上、症状が良くならないような場合には、後遺症についての賠償金を求めることが可能です。

適正な「後遺障害等級」認定で、適正な賠償金を

後遺症が残った場合には、「後遺障害等級」の認定を受け、等級に応じた賠償金を請求することが可能です。等級の有無や重さは、賠償金額に大きな影響を与えますので、適正な等級認定を得るために、弁護士がしっかりサポートいたします。

まずは、治療の受け方や必要な検査などについて、アドバイスいたします。さらに、等級認定に不可欠な「後遺障害診断書」の内容を精査したり、必要があれば意見書を添付したりするなど、実現性を高めるために努めます。立証が難しいケースについても、経験やデータ、判例を参考に丁寧に対応いたします。

この後遺障害等級認定の申請には、多くの資料を収集して検討しなければならず、ご自身で対応するのはとても困難です。けがを負った依頼者様が泣き寝入りすることのないよう弁護士がサポートいたしますので、お任せください。

交通事故案件における解決事例をご紹介します

交通事故案件において、弁護士が介入した事例をご紹介いたします。

保険会社の対応に不満を感じ、ご相談に来られた事例

30代男性からのご相談でした。男性は停車中に後ろから追突され、頭を強く打つなどして、頭部外傷や脳挫傷を負い、脚や眼などに障害が残ってしまいました。加害者側の保険会社とやり取りしていましたが、その対応にご不満を感じ、当弁護士にご相談に来られました。

まず後遺障害等級の認定申請を行い、「11級」が認められました。当初、相手側は「慰謝料」、「逸失利益」ともに、裁判で認められるだろう金額を大幅に下回った金額を提示していました。これを不服として粘り強く交渉した結果、2000万円以上の賠償金を得ることができました。

「非該当」から14級が認められ、「休業損害」でも争った事例

40代女性からのご依頼でした。横断歩道を歩いていたところ、車に追突され腰にけがを負いました。10カ月で治療を終えましたが、痛みが残っていたため、後遺障害の等級認定を申請しましたが、「非該当」に。

当弁護士はこの判断を不当であると判断して、「異議申し立て」を行いました。結果、神経症状が認められ「14級」に認定。これを受けて、加害者側の保険会社と再度、交渉を開始しました。

保険会社は女性が専業主婦であったために、「休業損害」を支払わないと主張していましたが、交渉した結果、裁判をした際に支払われる金額と同等の金額で示談することができました。慰謝料も同じく、納得のいく結果になりました。

主婦の方の休業損害は争いになりがちなポイントです。知らないままに示談にしてしまわないよう注意が必要です。

けがを負った依頼者様が泣き寝入りすることのないよう、徹底的にサポートいたします

交通事故でけがを負った依頼者が不利な条件で決着してしまわないよう、法的な知識やノウハウを駆使し、徹底的にサポートいたします。

あなたの代理人として、納得のいく解決につなげます

交通事故に遭うというのは、非日常的な出来事であり、体のけがはもちろん、精神的な負担も少なくないはずです。そのような状況において、保険会社とやり取りするのは苦痛であるだけでなく、ノウハウのある保険会社側の有利なように交渉が進んでしまうことは少なくありません。

私は、依頼者が適正な賠償金額を受け取れるよう、適正な後遺障害等級が認定されるよう、誠心誠意、サポートいたします。お一人で判断すること、保険会社と交渉することに不安を感じておられる方は少なくありませんが、ぜひ、弁護士の力を借りてください。弁護士・富本洋正があなたの代理人として、納得のいく解決につなげます。どうぞ安心してご相談ください。

関連都道府県と市区町村



必須お名前
必須ふりがな
必須お電話
必須メールアドレス
必須メールアドレス確認
任意ご住所
任意ご相談内容

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。

※電話での無料相談及びメールでの無料相談に対応していない事務所もございますので一度お問い合わせください。

安佐合同法律事務所に相談
    登録カテゴリや関連都市:
  • 広島県

交通事故の慰謝料についてお困りのことはありますか?

交通事故の慰謝料は弁護士に依頼して賠償金UP
・あなたの保険に弁護士特約はついていますか?
弁護士特約付きなら交通事故の弁護士費用は保険会社が負担してくれますよ。

広島県カテゴリの最新記事

安佐合同法律事務所に相談
安佐合同法律事務所に相談する
050-5385-2322
安佐合同法律事務所に無料で相談する
PAGE TOP