うすい総合法律事務所|阿部 雅次起

うすい総合法律事務所
  

うすい総合法律事務所のご案内

早めのご相談で、よりよいアドバイスを提供できます。
うすい総合法律事務所に相談
うすい総合法律事務所は初回相談無料です。

うすい総合法律事務所

うすい総合法律事務所の弁護士特約利用は? うすい総合法律事務所は後払可能? うすい総合法律事務所の土日電話受付は? うすい総合法律事務所の初回相談無料? うすい総合法律事務所は成功報酬制? うすい総合法律事務所は着手金無料? うすい総合法律事務所は夜間対応? うすい総合法律事務所は秘密厳守! うすい総合法律事務所のその他
うすい総合法律事務所オフィス

【弁護士事務所:うすい総合法律事務所】のポイント

【弁護士費用特約利用可能】【後払い可能】【土日電話受付】【初回相談無料】【成功報酬制】【着手金無料】【夜間対応】【秘密厳守】
事務所名 うすい総合法律事務所
電話番号 050-5272-2477
所在地 〒285-0864 千葉県佐倉市稲荷台1-2-5 稲荷台太田ビル203
担当弁護士名 阿部 雅次起
所属弁護士会
登録番号
千葉県弁護士会所属
No.58197
担当弁護士:うすい総合法律事務所

弁護士の阿部雅次起(あべ かつき)です。

私が被害者の方におすすめしたいのは、交通事故に遭ってしまったら、できるだけ早めに弁護士に相談されることです。正しい通院方法や治療の際の注意事項など、適正な損害賠償額や後遺障害の認定を得るために必要なアドバイスが、治療の初期段階からたくさんあります。
来所いただく際には、警察や医師から受け取っている資料をお持ちであればご持参ください。より正確な対応をお伝えできます。

定休日 なし
相談料 初回相談無料
最寄駅 京成うすい駅(京成本線)
対応エリア 千葉県全域
電話受付時間 何時でも可
着手金 料金形態に従い事案に応じて設定
報酬金 料金形態に従い事案に応じて設定
うすい総合法律事務所に相談
うすい総合法律事務所は弁護士特約が利用可能です。

【対応分野】うすい総合法律事務所

うすい総合法律事務所の慰謝料相談は? うすい総合法律事務所の損害賠償は? うすい総合法律事務所の示談交渉? うすい総合法律事務所の過失割合? うすい総合法律事務所の物損事故の対応は? うすい総合法律事務所の人身事故の対応は? うすい総合法律事務所の死亡事故の対応は? うすい総合法律事務所の後遺障害の対応は? うすい総合法律事務所のその他の対応にご期待ください。
【慰謝料相談】【損害賠償】【示談交渉】【過失割合】【物損事故】【人身事故】【死亡事故】【後遺障害】

早めのご相談で、よりよいアドバイスを提供できます。

当事務所では初回面談時に、依頼者(被害者)一人ひとりの状況やお話を丁寧にお聴きします。そして、今後の手続きや見通しとともに、本来獲得できる損害賠償額をわかりやすくお伝えしています。相手方保険会社との交渉や面倒な手続きといった先々への不安を少しでも和らげ、ケガの治療に専念していただきたいからです。
来所いただく際には、警察や医師から受け取っている資料をお持ちであればご持参ください。より正確な対応をお伝えできます。

治療の初期段階から正しい通院方法をアドバイスします。

適正な補償を得るために、先を考慮した対応を心掛けること。

治療において大切なのは、担当医師に痛みやしびれなどの自覚症状をしっかりと伝えることです。カルテや診断書に記録されることにより、事故との因果関係が証明しやすくなります。定期的な通院も重要です。痛みを我慢したり、仕事などの多忙で通院の間が空いてしまうと、後に痛みなどの自覚症状を訴えても、事故との因果関係を否定されてしまい、本来得られるはずの補償が受けられないといった状況になりかねません。

当事務所にご相談いただければ、ケガの治療状況を考慮しつつ、適切な通院方法や仕事の頻度などをアドバイスいたします。また、交通事故の対応に経験豊富な医師の紹介や、相手方保険会社との交渉の代理なども対応しますので、ぜひ早めにご相談ください。

相手方保険会社に治療費の支払いが打ち切られるケースも。

阿部 雅次起弁護士

弁護士が治療費の支払い継続を交渉します。

たとえば比較的軽いケガやむち打ち症の場合、事故から3か月ほど経つと治療中であるにもかかわらず、相手方保険会社が治療費の支払いを通告してくるケースがあります。その場合は、ご自身の判断で治療を止めないで弁護士へ相談してください。治療の継続が必要かどうかを判断するのは保険会社ではなく担当医師です。私共が医師に意見を求めたうえで、治療を継続すべきであれば保険会社と治療費の支払い継続を交渉します。

弁護士が介入することで、ほとんどの保険会社は治療費の支払い延長に応じますが、同意しないケースもあります。当事務所では、このような場合にはその理由を詳細に確認し、先々の示談交渉の際に不利にならないよう万全の対策を整えます。

保険会社からの提示額は、本来の額より低いことがほとんど。

保険会社から提示された示談額を鵜呑みにし、安易に署名しない。

損害賠償金の算定には、3つの基準「自賠責基準」「任意保険基準」「裁判基準(弁護士基準)」があります。判例にもとづいた「裁判基準」が最も高額ですが、相手方の保険会社は自社の支払額を低く抑えるために「自賠責基準」や「任意保険基準」を適用してくることが一般的です。
弁護士が介入すれば、本来の「裁判基準」に基づいた金額で算出します。そのため、ほとんどの場合で保険会社の提示額よりも増額で請求することになります。示談金が2倍・3倍になることも珍しくありません。保険会社から提示された示談額を鵜呑みにし、安易に署名することは避けてください。

「後遺障害」認定の申請は弁護士にご依頼ください。

適正な等級認定を受けることが非常に重要です。

損害賠償には「後遺障害」という項目があります。「後遺障害」とは、ケガが治った後でも身体に残っている障害であり、後遺症の程度(障害の重さ)に応じて、重い方から1級から14級までの等級が定められています。この後遺障害の認定の有無や等級が損害賠償の金額に大きく影響するため、適正な等級を得ることはとても重要なのです。

阿部 雅次起弁護士

後遺障害の内容によっては、必要な検査結果を提出しないと等級が認定されないことがあるため、治療の初期段階でレントゲンやMRIなどの画像診断をしておくことも大切なポイントです。主治医による後遺障害診断書に記載の不備がある場合には、当事務所が医師面談を通じて再度の記載を依頼するほか、セカンドオピニオンの活用をアドバイスしています。安心してご依頼ください。

納得のいかない過失割合の修正に尽力します。

損害賠償額を大きく左右するものに、事故の過失割合があります。

交通事故の過失割合とは、発生した交通事故に対する責任(過失)の割合のことです。双方に過失のある場合は、通常は保険会社の担当者が話合い過失割合を決めます。当事務所にいただく交通事故問題のなかで、この「過失割合」に納得できないという相談が多くあります。たとえば、被害者に3割の過失があれば賠償額も3割減るといったように、損害賠償額に大きく関わるからです。

保険会社が決定する過失割合には、速度制限の超過や現場の見通しなどの諸事情が考慮されていない可能性があります。提示された割合に納得できない場合は、ぜひ当事務所に相談してください。事故現場を調査し、さまざまな証拠をもとに依頼者の過失割合を修正するよう尽力します。

地域の人々の困りごとに丁寧に対応します。

初回相談は原則無料!平日夜間や土日祝日でも対応可能!

千葉県佐倉市の「うすい総合法律事務所」は、地域の皆さまの困りごとに丁寧に対応する気さくな弁護士事務所です。特に交通事故案件には、軽いフットワークで積極的に対応しますので、複雑な案件でも安心してお任せください。依頼後のご連絡は、担当弁護士の携帯電話でも大丈夫です。事前に予約をいただければ、平日夜間や土日祝日でも対応可能。初回の相談料は原則として無料ですので、お気軽にご連絡ください。

弁護士費用特約とは

加入している損害保険に「弁護士費用特約」(自動車弁護士費用等補償特約、弁護士費用補償特約など)が付いていませんか?
この特約を使えば、保険会社が弁護士費用を支払ってくれるため、自己負担なしで弁護士に依頼することができます。ご自身が加入していなくても、ご家族が加入している特約が使えるケースもあります。

アクセス

示談金交渉に強い弁護士はこちら

思わぬ交通事故に巻き込まれてしまった時、どのような対応をすればいいのか。どうしていいか分からず不安になっている方や自動車保険会社の一方的な対応に困っている方、知り合いに弁護士のいない方、お住まいの近くで優秀な弁護士を探している方へ。交通事故相談|慰謝料・示談金|弁護士へほっとラインは、交通事故に強い優秀な慰謝料請求に強い弁護士を数多く紹介しています。

関連都道府県と市区町村


管理者のみ見えるエリアここまで


必須お名前
必須ふりがな
必須お電話
必須メールアドレス
必須メールアドレス確認
任意ご住所
任意ご相談内容

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。

うすい総合法律事務所に相談
うすい総合法律事務所は着手金無料です。

交通事故の慰謝料の相談デスカ?お任せください。

交通事故の慰謝料は弁護士に依頼して賠償金UP
・アナタの保険に弁護士特約はついていますか?
弁護士特約付きなら交通事故の弁護士費用は保険会社が負担してくれますよ。

千葉県の弁護士カテゴリの最新記事

うすい総合法律事務所に相談
PAGE TOP